iPhoneのOS

iOSとはiPhone端末に搭載されているOS、つまり基本ソフトのことを指します。パソコンでいうところのWindowsやMacのような立ち位置です。そんなiOSはapple社が独自に開発した同社による端末を動かすためのOSで、iPhone端末やiPad、iPod touchなどのapple社製の端末に搭載されています。そんなiOSは世に発表されて以来、あらゆる進化を遂げてきました。機能性の充実はもちろん、ユーザーインターフェースの向上や些細なバグの改善、apple社製品ならではのタッチパネルによる直観的な操作感をグレードアップさせるため、10年以上の月日をかけて日々向上し続けています。そんなiOSの最新バージョンである「iOS14」が正式配信されることが決定し、iPhoneユーザーをはじめapple社製品を使用している多くのユーザーたちをにぎわせています。

初代iPhoneに搭載されていたのは、初めて開発されたiOSの「iOS1.0」。この頃のiOSではまだ外部からアプリを入れることはできず、メール機能や電話機能といった基本的なツールをはじめ、safariといったインターネット検索に必要なブラウザアプリぐらいしかありませんでした。次に開発された「iOS2.0」は、日本で初めて発売されたiPhone端末であるiPhone3Gに搭載されており、初代と比べてGPS機能が追加されています。その後もiOSは新バージョンを開発するとともに、コピー&ペースト機能やマルチタスク機能などが追加され続け、ついに最新の「iOS14」では、これまでになかった新機能が多数搭載されることが発表されたのです。


当サイト関連☆お役立ちサイト紹介
iosはもちろんのことながら、iPhone本体の性能やデザインも向上しています。特に最新機種では画面サイズが大きくなっているため、画面が割れてしまうなどのリスクも考えられます。万が一に備え、iPhone修理ショップを確認しておきましょう → iPhone修理ならiCracked