デフォルトアプリ変更

これまでのiPhone端末では、メールやブラウザなどのアプリは同社が最初から設定していたアプリがデフォルトアプリとして設定されており、変更はできませんでした。ところがiOS14へのアップデートを行ったiPhone端末からは、メールとブラウザをサードパーティーアプリにデフォルト設定できるとの情報が明かされました。サードパーティーとは第三者団体のことをさします。これからはapple社が開発、提供するアプリケーション以外をデフォルトで起動できるように設定できるというわけです。これまではブラウザアプリとして初代iPhoneからずっとsafariがデフォルト設定されていましたが、今後はGoogle chromeやOpera、sleipnirといった他ブラウザもデフォルトとして使用できます。

また、メールアプリのデフォルト設定を変更できる点により、これまでライバル的な立ち位置にあったAndroidスマートフォンとの差を一気に縮めることとなるでしょう。ビジネス用のメールアプリなどにGoogle社のGmailを利用していたユーザーも多いため、メールアプリのデフォルト変更でより素早くメールの確認が行えるようになります。もちろんこれまでのiPhoneでも他社ブラウザ・メールアプリは開けましたが、デフォルト設定できれば標準でそのアプリが開くようになります。